マウスピース型の矯正でも主流であるインビザライン | 新宿の歯医者|新宿ルーブル歯科・矯正歯科|新宿駅東口徒歩1分で土日も診療

新宿駅東口徒歩1分、土日祝日も10:00〜診察可能

ブログ

マウスピース型の矯正でも主流であるインビザライン

画像引用:新宿ルーブル歯科・矯正歯科

美容と健康維持の両方において、歯並びは重要です。きちんとしたかみ合わせのために、歯列矯正を考えている方も多いでしょう。
歯列矯正は、ブラケットを装着してワイヤーを通す手法が主流です。ですが、近年ではマウスピースを装着することによって矯正する方法が人気を集めています。
ワイヤーのように目立たないため、誰に気付かれることもなく矯正が可能です。
今回は、そんなマウスピース型の矯正でも主流であるインビザラインについて解説します。

 

マウスピース型矯正インビザラインとは

マウスピース型矯正は、透明度の高い素材で作られた素材を歯に装着する歯列矯正です。歯に長い時間装着することで、少しずつ歯を動かして矯正していきます。
そのため同じ物をずっと使い続けるのではなく、歯の状態に合わせて何度もマウスピースを交換していきます。
従来のワイヤー矯正と大きく違うため、不安を覚える方もいるでしょう。ですが以下の2点において多くの方に利用されています。

 

  • ●世界100ヶ国以上/1, 000万人以上に使用されている
  • ●20年以上の歴史がある

 

世界100ヶ国以上で使用されている

インビザラインは、アメリカのアライン・テクノロジー社が提供を開始した歯列矯正です。グローバルに展開していることもあって、2023年現在は世界100ヶ国以上の国々で提供されています。
これまで1,000万人以上を超える患者さんが治療を受けており、信頼できる治療法です。

20年以上の歴史がある

アライン・テクノロジー社がインビザラインの提供を始めたのは、1999年。つまり、2023年において20年以上の歴史を持っています。
日本には2006年から本格的に展開。日本だけでも17年以上利用されている歯列矯正です。

 

マウスピース型矯正インビザラインのメリット

マウスピース型矯正インビザラインには、多くのメリットがあります。特に以下の7つは、インビザラインならではのメリットです。

 

  • ●透明で目立たない
  • ●簡単に取り外せて食事を楽しめる
  • ●虫歯になりにくい
  • ●費用を抑えられる
  • ●通院回数が少ない
  • ●ホワイトニングも一緒にできる
  • ●金属アレルギーのリスクが少ない

 

透明で目立たない

インビザラインは透明のマウスピースを使います。ワイヤー型矯正と違って、ほとんど見えません。近年はマスクで過ごすことが多くなったとはいえ、気になる方も多いでしょう。
ですがインビザラインなら、周囲の人に気付かれずに歯並びを矯正することが可能です。
ワイヤーだと見えてしまったり痛みがあったりするため、なかなか矯正に踏み切れない方がいました。
インビザラインは目立たず痛みもほとんどないため、生活に馴染みやすい矯正です。手軽に取り組める点は、インビザラインの何よりの魅力と言えます。

簡単に取り外せて食事を楽しめる

インビザラインは、マウスピース型なので簡単に取り外せます。食事の時に取り外せば、好きな物を食べられます。これはインビザラインにしかないメリットです。特にワイヤー矯正では食べにくいとされる以下の食べ物も、矯正前と同じ感覚で食べられます。

 

  • ●カレーのような着色物
  • ●ガム
  • ●硬い食べ物

 

好きな食べ物を何も気にせず食べられるのは、インビザラインならではです。食事を楽しみたい方にはピッタリの矯正でしょう。

虫歯になりにくい

インビザラインは、虫歯になりにくいという点もメリットです。
歯を磨く時は、マウスピースを外して今まで通り歯磨きをするだけ。フロスも使えることもあって、歯の隙間のお掃除も簡単です。
マウスピースも以下の手順でお手入れすれば問題ありません。

 

  • 1.流水で洗う
  • 2.専用の洗浄剤で殺菌する

 

また、インビザラインは1週間間隔で新しい物に交換していきます。例えるならコンタクトレンズと同じです。
お口の中が常に綺麗な状態を保てるため、衛生面が気になる方でも安心して矯正に取り組めます。

費用を抑えられる

インビザラインは、費用を抑えられることもメリットの1つです。
ワイヤー矯正の場合、目立たないためには裏側に装着しなければなりません。ワイヤー矯正は、表側と比べて裏側は費用が高くなる傾向にあります。これは、オーダーメイドになるためです。
インビザラインももちろんオーダーメイドですが、ワイヤー矯正の裏側と比較すると低コストとなっています。
個人によって異なるため一概には言えませんが、当院の料金で比較すると以下のように違います。

 

矯正方法 費用
インビザライン 770,000円
フルリンガル(上側矯正/療頬) 1,078,000円

※詳しくは矯正治療の費用をご覧ください。

 

また費用以外に口内トラブルが減ることも、費用を抑えられる要因の1つです。ワイヤー矯正の場合、口内トラブルのリスクが一定数あります。
ですが、インビザラインは使っている素材がポリウレタンということもあって、口内を傷つける心配がほとんどありません。結果的に治療費などの費用を抑えられます。

【関連記事】人目が気にならない裏面矯正とは

通院回数が少ない

インビザラインは、治療が軌道に乗ると通院回数が大きく減ります。ワイヤー矯正の場合、2〜4週間に1回は通院する必要があります。一方のインビザラインは、2ヶ月に1回程度になることも。
忙しい方や海外出張でなかなか通院できない方でも、安心して治療を受けられます。

ホワイトニングも一緒にできる

インビザラインでは、治療期間中にホワイトニングも一緒にできます。当院の場合、ホームホワイトニングを1回分無料で提供しています。
歯列を整えながら同時に歯を白くしたい方にもオススメです。

金属アレルギーのリスクが少ない

インビザラインは金属を使用していません。そのため金属アレルギーを持っている方でも安心して治療を受けられます。ワイヤー矯正だと金属アレルギーだから心配していた方でも、安心です。
またワイヤー矯正をしていると、不定愁訴(ふていしゅうそ)が起こることがあります。聞き慣れない言葉ですが、原因がはっきりわからないのに何となく体調が悪い状態のことです。

 

  • ●肩が凝る
  • ●頭痛がする
  • ●めまいがする

 

こういった症状はワイヤー矯正をしていると経験する可能性があります。ですがインビザラインだと不定愁訴がなくなります。
日々の体調不良に悩まされずにワイヤー矯正を受けられるのも、インビザラインのメリットです。

 

マウスピース型矯正インビザラインのデメリット

マウスピース型矯正のインビザラインは、デメリットももちろんあります。治療を受ける際は、メリットを含めて考えてください。
中でも代表的なデメリットは以下になります。

 

  • ●全ての症例に対応できるわけではない
  • ●長時間つけていないといけない
  • ●院選びが難しい

 

全ての症例に対応できるわけではない

インビザラインは、全ての症例に対応できるわけではありません。歯並びによって治療できない人もいます。例えば以下に当てはまる方です。

 

  • ●かなり進行の進んだ歯周病を持っている方
  • ●下顎前突(しゃくれ)の度合いが大きい方
  • ●上顎前突(出っ歯)の度合いが大きい方

 

治療が受けられるか不安な方は、治療前のカウンセリングで質問することをオススメします。

長時間つけていないといけない

インビザラインは、長時間装着している必要があります。1日20時間以上の装着が必要であるため、食事と歯磨き以外はずっとつけていなければなりません。
治療期間も年単位で必要なため、マウスピースに慣れるまではストレスを感じる方もいるでしょう。

院選びが難しい

インビザラインは院選びが難しいという側面を持ちます。
インビザラインは、AIが自動でマウスピースを作ってくれる仕組みです。そのため、取り入れやすく多くのクリニックで導入している側面があります。
これだけなら非常に良く感じるのですが、デメリットを考えなくてはいけません。
取り入れやすいということは、矯正治療を専門としていないクリニックでも取り入れられるということです。つまり、矯正治療を受ける側がどのクリニックが良いのかを選びにくくなっています。
気軽に矯正治療を受けられるからこそ、院選びが難しい点はインビザラインの大きなデメリットと言えます。

 

マウスピース型矯正インビザラインを提供しているクリニックの選び方

マウスピース型矯正のインビザラインを提供しているクリニックは、多くあります。
その中から実際に利用する際に気になるのが、選ぶポイントです。長期間通院が必要な治療ですから、以下のポイントは特に意識してください。

 

  • ●アクセスしやすいか
  • ●費用は予算内か
  • ●診療時間はライフスタイルに合っているか
  • ●ゴールプランを明確に教えてくれるか
  • ●症例数が掲載されているか

 

アクセスしやすいか

アクセスしやすいかは通院する上で重要なポイントです。特に以下は必ずチェックしておきましょう。

 

  • ●生活圏内かどうか
  • ●駐車場が広いかどうか

 

生活圏内から外れると、わざわざ通院しなくてはいけなくなるため、治療の途中で断念してしまいがちです。良く利用している駅の近くなど、ついでに寄れる場所を選びましょう。

費用は予算内か

費用が予算内かどうかも大切。マウスピース型矯正のインビザラインに限らず、歯列矯正は高額です。

どれだけの費用なら支払えるかを考えた上で、治療を受けてください。料金面で不安な場合は、カウンセリングで相談してみるのもオススメです。

診療時間はライフスタイルに合っているか

インビザラインの治療を受けたいと考えているクリニックの診療時間が、ライフスタイルに合っているかも確認しましょう。

社会人の方の場合、仕事の関係で診療時間内に通院できない可能性も考えられます。

 

  • ●遅い時間まで診療を受け付けている
  • ●土日祝も診療している

 

長期間通うことになるからこそ、上記のように自身のライフスタイルに合ったクリニックを選ぶことをオススメします。

ゴールプランを明確に教えてくれるか

インビザラインを提供しているクリニックが、治療のゴールラインを明確に教えてくれるかも確認したいポイントです。
ゴールプランとは、矯正によって最終的に実現したい将来像のこと。ゴールを明確にすることで、適切な治療を受けられます。
ゴールプランが曖昧なままだと、場当たり的な治療になり最終的に後悔する可能性があります。
自分自身のためにも、カウンセリングや治療中にゴールプランを明確にできているかは必ず確認しましょう。

症例が掲載されているか

インビザラインを受けたいと考えているクリニックのホームページに、症例が掲載されているかも確認してください。
症例はそのクリニックの実績です。症状に対してどのような治療をしたのかが公表されています。
症例はそのまま、治療を受ける自分自身にも当てはまる可能性があります。矯正時の不安を無くして安心して利用するためにも、症例の確認はオススメです。

 

マウスピース型矯正インビザラインがオススメの人

マウスピース型矯正インビザラインは、オススメできる人とできない人がいます。
中でもワイヤー矯正よりインビザラインをオススメしたいのは、以下に当てはまる方です。

 

  • ●矯正は高いと諦めていた方
  • ●他の人に気付かれずに矯正をしたい方
  • ●ワイヤー矯正に恐怖心がある方
  • ●ホワイトニングもしたい方
  • ●美意識の高い方

 

特に仕事上、ワイヤーが目立つと困る方にこそオススメです。
近年はマスクをつけることが当たり前になって口元が見えなくなっていますが、それでもふとした時に見られる可能性はあります。
またホワイトニング効果にも期待できるので、美意識の高い方にもオススメです。歯並びだけでなくホワイトニングまでできるのはインビザラインだけ。一緒にすることでお得に美容ができます。
目立たず歯列矯正をするなら、ぜひ1度インビザラインを検討してください。

 

新宿でマウスピース型矯正インビザラインを受けるなら新宿ルーブル歯科・矯正歯科へ

画像引用:新宿ルーブル歯科・矯正歯科

マウスピース型矯正のインビザラインは、20年以上の歴史を持ち、世界100ヶ国/1,000万人以上が利用している歯列矯正です。透明で目立たず、簡単に取り外せることもあって人気を集めています。
一方で全ての症例に対応できるわけではありません。1日20時間以上の装着も必要となるため、歯列矯正をするという強い意志が必要です。
もし新宿でマウスピース型矯正のインビザラインを受けられるクリニックを探しているのなら、新宿ルーブル歯科・矯正歯科がオススメです。
高い実力を誇る医師によって綺麗な歯並びを実現できます。無料カウンセリングも実施していますので、ぜひ1度お気軽にご相談ください。

新宿の歯医者「新宿ルーブル歯科・矯正歯科」では、無料でカウンセリングを行っています。歯に悩みがあり歯科受診を検討している方は、お気軽にご相談ください。

この記事を監修した人

監修者の写真

医療法人社団ルーブル 理事長

水谷 倫康

愛知学院大学歯学部卒業後、愛知県を中心に多くのクリニックを持つ医療法人清翔会グループに入職。2019年12月に『渋谷ルーブル歯科・矯正歯科』を開院。2022年12月にはグループ医院である『新宿ルーブル歯科・矯正歯科』を開院。
「気軽に相談できる歯のコンシェルジュ」をモットーとし患者との「コミュニケーション」を重要と考え、1人1人に合わせた「最善の治療」提案している。

【略歴】





医療法人社団ルーブル
新宿ルーブル歯科・矯正歯科

〒160-0022
東京都新宿区新宿3-25-1ヒューリック新宿ビル8階
Tel:03-6380-6611

診療時間 平日 10:00~13:00/
15:00~19:30
土日 10:00~13:00/
14:30~18:00
休診日 月・木・祝(木日は隔週診療)