新宿駅東口徒歩1分、土日祝日も10:00〜診察可能

裏側矯正(舌側矯正)

裏側矯正(舌側矯正)なら
目立たず矯正できる

裏側矯正(舌側矯正)なら目立たず矯正できる

裏側矯正(舌側矯正)は、表側矯正のように歯の表側ではなく、歯の裏側(舌側)に矯正装置を装着する矯正治療法です。装置が前から見えないため、他の人にほとんど気づかれることなく矯正治療を進められます。

ただし、歯の裏側は表側と比べてデコボコしているため、装置を正しく装着するには技術と経験を必要とします。新宿の歯医者「新宿ルーブル歯科・矯正歯科」には矯正医が在籍しているので、患者さまのお口に合わせて正しく矯正装置を取り付けられます。

当院ではフルオーダーメイド
裏側矯正が可能

当院ではフルオーダーメイドで裏側矯正が可能

患者さまの歯の形や大きさに合わせた、フルオーダーメイドの装置を使用して裏側矯正を行います。裏側矯正装置は患者さまの歯や顔の状態を確認し、さらに歯科用CTによって精密にデジタル診査・診断を行い、それに合わせてワイヤーの屈曲を調整して製作するためとても精密です。

もちろん、平均値で製作されたセミオーダーの装置もあります。しかし、患者さまに負担をかけず、治療効果を最大限に高めるためには、患者さまのお口に合わせたフルオーダーの装置が必要だと当院では考えています。

ハーフリンガル
(上顎 舌側矯正/下顎 表側矯正)

924,000円
※調整料8,800円/回

フルリンガル
(裏側矯正/両顎)

1,078,000円
※調整料11,000円/回

裏側矯正はこんな方にお勧めです

裏側矯正はこんな方にお勧めです

裏側矯正は一般的な表側矯正と比べて目立ちにくいことがメリットです。そのため、治療中の見た目を気にする方に向いています。

例えば、接客業や営業職の方は人と接する機会が多く、矯正装置を見られるのを嫌がる方が多いです。また、結婚式や卒業式などのイベントが控えていて写真を撮る機会がある方も、表側矯正より目立たない裏側矯正を選ばれます。さらに、出っ歯の方は表側矯正だと装着した装置の分だけ唇に厚みが出てしまい、コンプレックスを強調してしまいます。

このように、裏側矯正は目立ちにくく、さまざまな方に向いている矯正治療です。歯の表面も傷つかないため、治療後の見た目を気にする方もぜひご検討ください。

裏側矯正のメリット
デメリットについて

メリット

  • 装置を歯の裏側に装着するため目立たない
  • 表側矯正よりも虫歯・歯周病リスクが低い
  • 外部からの衝撃で怪我をする可能性が低い
  • 装着してしまえば自然に歯が動くので楽

デメリット

  • 舌が装置に当たって発音しにくい
  • 歯の内側に装置があるため違和感がある
  • 表側矯正よりも費用が高い傾向にある
  • 金属アレルギーの方は使用できない

裏側矯正が不向きなケース
お任せください

裏側矯正が不向きなケースもお任せください

裏側矯正は、表側矯正でできることであればすべてに対応できます。たとえば、噛み合わせが深い「過蓋咬合」の場合、治療難易度は上がりますが治療可能です。逆に表側矯正でも難しい症例、たとえばガタツキが大きく上下の噛み合わせがバラバラの場合は裏側矯正でも不向きな症例となります。しかし、当院は知識・経験豊富な矯正医が在籍していますので、難症例にも対応できる可能性があります。

基本的に、当院では裏側矯正だけで完結できるように治療計画を立てます。ただしケースによっては、患者さまに確認の上で補助的に表側にも装置を装着することがありますのでご了承ください。