新宿駅東口徒歩1分、土日祝日も10:00〜診察可能

インプラント治療

長持ちしてしっかり噛める
インプラント治療をご提供

長持ちしてしっかり噛めるインプラント治療をご提供

インプラント治療とは、歯が失われた部分に人工の歯の根(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療法です。以前は歯を失った場合、入れ歯やブリッジなどの治療法が一般的でしたが、現在では技術の進歩もありインプラント治療が普及してきました。

インプラントは天然歯のようにしっかり噛むことができ、周囲の歯への負担が少なく、装着時の違和感がほとんどないといったメリットがあります。歯を失った方、入れ歯が合わずに痛みにお困りの方、健康な歯を大切に守っていきたい方にお勧めの治療法です。

新宿の歯医者「新宿ルーブル歯科・矯正歯科」は、患者さまの「噛めない」というお悩みを解決するインプラント治療をご提供します。一生使えるインプラント治療を目指し、お口をじっくり見させていただいた上で全体のバランスを見て、患者さまに合った形で治療を進めます。しっかり噛める喜びを取り戻し、心から満足していただける治療をご提供できるよう全力を尽くします。

インプラント体+
上部構造(被せ物)

385,000円

PICKUP 歯を失った原因を把握・解決して
インプラント治療の成功率を高めます

Pick UP 歯を失った原因を把握・解決してインプラント治療の成功率を高めます

何の対策もなくインプラントを埋め込んでも決して長持ちしません。当院では患者さまが歯を失ってしまった原因を把握・解決することで長持ちするインプラント治療を実現します。

治療前に歯科用CTで被せ物や噛み合わせの状態を確認して歯が失われた原因を特定。原因を踏まえた上でインプラントを埋める位置を決定します。

また、当院では治療前にしっかりとカウンセリングを行い、患者さまの要望を汲み取った上で目指すゴールを共有します。インプラントを長持ちさせる方法についてもご説明しますのでご安心ください。

事前シミュレーションで
治療精度を高める

事前シミュレーションで治療精度を高める

当院ではCT撮影した画像をシミュレーションソフトに取り込み、骨の状態を立体的に把握した上で、最適なインプラントサイズ・埋め込み位置・角度・深さを細かく決定します。症例によっては、サージカルガイドというマウスピース型の器具を製作します。

これは、シミュレーションにより決定した位置へ正確にインプラントを埋入するための定規のようなものです。手術の正確さが格段に向上し、患者さまの身体への負担も大幅に軽減することができます。

こんなお悩みがある方は
インプラント治療をご検討ください

  • しっかりと噛めないため食事が楽しくない
  • 入れ歯は見た目が悪いので使いたくない
  • 入れ歯は違和感があり装着しつづけられない
  • 使っていた入れ歯が合わなくなった
  • 歯がなくて恥ずかしいので笑顔になれない
  • 交通事故により歯を失ってしまった

「抜歯即時埋入法」なら
手術回数は1回で済みます

「抜歯即時埋入法」なら手術回数は1回で済みます

「抜歯即時埋入法」なら手術回数は1回で済みます

抜歯即時埋入法とは、抜歯とインプラント埋入を同時に行う方法です。通常、抜歯が必要なケースでは、抜歯手術後に3~6ヶ月の治癒期間を経てからインプラント埋め込みの手術を行っていました。この場合、2回の外科手術が必要になり期間も長くなることから、患者さまへの負担はかなり大きくなります。

抜歯即時埋入法ならば手術回数は1回で済み、期間が短縮されて患者さまへの負担も大幅に軽減できます。精密検査により歯や顎の状態が良ければ行えますので、ぜひご検討ください。

全ての歯を失った方でも
「All-on-4」で負担のない治療を

全ての歯を失った方でも「All-on-4」で負担のない治療を

従来のインプラント治療では、歯を全て失ってしまった場合に8~14本のインプラント埋入が必要でした。しかし近年、4本のインプラント埋入で全ての歯を補える「All-on-4(オールオンフォー)」という技術が開発されました。

「All-on-4」は、支柱となる4本のインプラントに特殊な入れ歯のような人工歯を装着する方法です。あごの骨にしっかり固定されているため、一般的な入れ歯より安定感があり天然歯に近い感覚でしっかり噛むことができます。また、インプラント本数が少なく済むため、費用や患者さまの身体への負担も抑えられることがメリットです。

骨が足りず他院で治療を断られた方
当院ならインプラント治療が可能

骨が足りず他院で治療を断られた方も、当院ならインプラント治療が可能

インプラントはしっかり固定するためにあごの骨に埋め込むため、十分な骨の量や密度が必要となります。あごの骨が足りないと判断された場合、インプラント治療は断られることがほとんどです。

他院でインプラント治療を断られるようなケースでも、当院ならば骨の量を増やしてから治療できるため対応可能です。当院で行う骨再生治療は患者さまのあごの骨の状態や治療部位によってさまざまな治療法があります。他院でインプラント治療を断られた方はお気軽にご相談ください。

失った歯を補う4種類の治療法

インプラント

インプラント

歯が失われた部分のあごの骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を被せます。骨に固定されているため違和感や他の歯への影響が少なく、天然歯のようにしっかり噛むことができます。

入れ歯

入れ歯

失われた歯の本数に合わせて製作された義歯をバネなどで固定し装着します。治療期間が短いものの違和感が強く他の歯に負担がかかり、しっかり噛むことができません。

ブリッジ

ブリッジ

失われた歯の両脇の歯を支えにして人工歯を被せる治療です。違和感が少ないものの両脇の健康な歯を多く削る必要があります。また、汚れがたまりやすいのがデメリットです。

移植

移植

親知らずなどの機能していない歯を失われた歯の部分に移植する治療です。自分の歯でしっかり噛むことができます。ただし適用範囲が限られ移植する歯が必要となります。

インプラント治療は医療費控除
受けられる治療です

インプラント治療は医療費控除が受けられる治療です

インプラント治療は自費診療となりますが、医療費控除の対象になります。医療費控除とは医療費の負担を軽減するために設けられた制度で、1年間に10万円以上医療費を支払った場合に所得税の一部から還付されます。インプラント治療を行った場合はぜひ確定申告で申請を行いましょう。